HOME>イチオシ情報>初めてのリロケーションの不安を解消するには

入居者と物件の管理

男女

転勤や長期出張などで当分住まない家ができたとき、空き家のままにしておくと防犯上の問題や無駄な税金が発生します。また無住の家は劣化が急速に進むので、資産価値も下がってしまいます。家を貸すことができれば、こうしたデメリットを解消できる上に、毎月一定の収入を得ることも可能です。家を貸すには、まず適当な借り手を見つけなければなりません。入居の際には正式な契約書を取り交わしたり、原状回復義務の範囲を設定するなどの手続きが必要になります。また壊れた設備の修復義務は、基本的には貸主の側にあるため、賃貸期間中は建物の維持管理に注意を払うことも大切です。このように家を貸すといっても、やるべきことは色々あるので、初めての方は煩わしく感じるかもしれません。もし困ったことがあったら、リロケーションサービスを展開している不動産会社に相談してみるのもひとつの方法です。

契約内容に注意

家族

近年リロケーションが一般化してきた理由として、定期借家制度の普及が挙げられます。従来の普通借家制度は借り主の権利を保護する意味合いが強く、一度契約を結ぶと正当な理由がない限り、貸主から退去を求めることができませんでした。定期借家制度は契約期間が満了すれば、自動的に退去してもらうことができます。一時的な転勤で、何年か後には帰ってくることが明らかな場合は、定期借家の契約を結ぶことが大切です。家を貸す際には修繕費や清掃費以外にも、入居者募集費用や事務手続き費など、さまざまな費用がかかります。不動産会社に実務を依頼する場合には、費用対効果を総合的に比較して、少しでも有利なプランを選ぶようにしましょう。

広告募集中