HOME>特集>家を売らないという選択肢には魅力的なメリットが

空き家リスクから家を守る

家の模型と電卓

突然の転勤などで引っ越さざるを得なくなった時でも、家を貸すことで様々なメリットが期待できます。まず空き家リスクをなくせるというものです。転勤でしばらく家を空けてしまうと、空き家であることが周囲に知られ空き巣に入られる恐れがあります。家を貸すことで誰かを住まわせておけば、家屋の安全を守ることができます。

賃料が得られる

ただ引っ越して家屋を空き家にしているだけでは、税金などの出費がかさむだけになります。ところが家を貸すことで他人から賃料収入を得ることができれば、不動産を活用した投資が実現します。賃料収入は、自分で働かなくてもお金を得ることができる魅力的なシステムです。不労収入とも言われ、老後の資産形成の観点からも奨励されています。ローンの返済などに賃料収入データお金を充てることも可能で、資産を増やす方法として活用できるのは大きなメリットです。

自分の不動産を残しておける

親の介護で、我が家を離れるケースもよくあります。この時家を売ってしまうと、介護が落ち着いた時に戻る場所がなくなってしまいます。売るのではなく家を貸すことにしておけば、後から我が家に戻ることが簡単にできます。苦労して購入したマイホームはそれなりに思い入れがあるだけに、このようにいつでも戻れる状態にしておくことができるこの方法は利便性が高いといえます。あくまでも自分の所有する不動産という形にしておけるので、土地だけを別の目的で活用したいといった時に使えるのも便利です。

広告募集中